複合機には多様な種類がありますが、運用に見合った機種を選ぶことが最も大切なポイント。当サイトでは基本の選び方からおすすめ会社まできっちり解説いたします!

複合機を選ぶ前に読むサイト
複合機を選ぶ前に読むサイト TOP

複合機を選ぶ前に読むサイト TOP

経営者が冒す5つの間違いをチェック

複合機とは、プリンタとスキャナやファックスなどの機能が一緒になったものです。
そして、複数の機能がひとつの筐体に組み込まれていれば、複合機といわれています。
また、プリンタやスキャナ、そしてファックスといった機能を組み合わせることによって、さまざまなメリットがあるのが複合機の特徴ともいえます。
それぞれの機能が一体になっているので、とても便利になる、配線が少なくなる、さらに場所をとらなくなるといったメリットがあります。
しかしそれとは反対に、一つの機能が壊れてしまえば、修理に出さなければ、全部の機能が使えないといったことや、部分的に買い替えができないといったデメリットもあります。

複合機は、プリンタとスキャナとその他の機能、例えばファックスやメモリカードリーダを組み合わせたものがあり、一般的にパソコンユーザ向けに販売されているようです。
また、オフィス用にコピー機にファックス機能やらパソコンのプリンタ機能がついているものも複合機と呼ばれています。

そして家庭用でSOHO用として販売されている複合機には、大きく分けて、パソコンがなくても単独でコピーがとれるものと、パソコンと接続されて、パソコンが動いていなければコピーがとれないものがあります。


複合機の機能

さらに複合機は、プリンタの上部に原稿読み取り台を統合した形態が一般的となっていますが、単体でスキャナやプリンタとして利用できるだけではなく、パソコンを介さずコピー機として機能するようになっているものが多くなっています。
また、電話回線の接続口があり、読み取った原稿をファックスで送信するといった機能を持った複合機もあります。

さらにプリンタ部分は、インクジェットプリンタが多いのですが、高級な複合機の中には、最近ではレーザープリンタになっているものもあります。

複合機は、プリンタ、スキャナ、そしてファックスの機能が一体になっているので、それぞれの機器を、単体で購入するより安くなります狭い事務所や個人宅であれば、設置面積も狭くて済むことや、簡易でありますがコピー機としても使えるといったことから、日本の小規模事業者を中心に人気があります。最近ではほとんどが複合機になっているようです。


複合機メーカーの特徴


複合機にはいくつかのメーカーがありますが、どのメーカーも毎年秋には新製品を出しています。しかし、コストダウンが激しくなっているため、その耐久性も落ちているのが現状のようです。
また、複合機は機械ですから、当然とことながらサポートが必要となってきますが、そのサポート期間も、生産が終了してしまったタイプでは5年程度に短縮化されているようです。
これは、価格がやすくなっていることもあり、壊れても修理に出すユーザーが激減していることもあります。

しかし、機械的な耐久性は落ちていますが、それぞれのメーカーが駆使した複合機ですから、説明書どおりの使い方をしていれば、デメリットが出にくいような上手い作りになっているようです。

複合機に於いて主なメーカーといえばCanonやEPSONですが、売れ筋の機種は、どちらもプリンタは6色です。これらは、良く比較されるのですが、本来は簡単には比較できないほど性格が異なっているようです。
複合機のユーザーは、「キヤノン派」「エプソン派」と固定しているようですが、それぞれ特性があり、また仕様やデザインを含めて、ユーザーの好みもあることから、それぞれの機能を冷静に比較できる人も少ないようです。

また、用紙の差による発色の差も、おどろくほど大きいようです。
現在ではデジカメで撮影した画像を、複合機でプリントする人も多く、その用紙もさまざまなものがあります。
目的に応じてそれぞれの複合機に適した用紙を選ぶことで、さらに複合機を理想的に使うことができます


トップへ